Japanese Tea LABEL

日本茶アーティスト達の生産活動を支援する「購入型ファンディング」

日本茶アーティスト達の生産活動を支援する「購入型ファンディング」

JTLコイン

コインの価格
100コイン = ¥80
コインとは
販売終了日
2022年1月31日

日本茶の文化を守っていきたい、という想いから


古く中国から伝わり、日本で固有の文化と共に親しまれてきた「日本茶」。

その「日本茶」の文化やそれを支える営みが、実は、近年窮地に立たされています。ペットボトルのお茶の販売量は増えていますが、昔ながらの淹れ方で味わう茶葉を生産する茶農家は、収益減や後継者不足などで廃業の危機に面しているところが少なくありません。


奈良・平安の時代から1200年近くに渡って日本人と共にあり、人々の暮らしや心のあり方にさえ寄り添ってきたこの日本茶の文化を、ずっと未来まで守り継ぎたい。そうした願いから、私たちはレーベルを立ち上げました。 



日本茶はアートであり、それを表現するアーティストがいる、という考え

日本茶はひとの心を豊かにするものですし、暮らしの中の美しさにもつながっている。その存在はすでに「アート」である、というのが私たちのコンセプトです。

アートですから「アーティスト」もいます。茶葉を育てる農家も、葉を選んでブレンドする茶師の人もアーティスト。お茶の器を作る人やお茶の新しい楽しみ方を提案する人も、みんな「日本茶アーティスト」です。

そうしたアーティストの人たちと一緒になって、日本茶の文化や伝統をもっともっと広めたい。日本中にその恩恵を広げ、世界にも魅力を発信し、日本の茶農家の収益構造の変革さえも起こしていきたい。そんな想いを胸に抱いて、社会を動かしていこうと考えている。それが私たち Japanese Tea LABELです。 


そこで大事な役割を担うのは、日本特有の風土と気候を活かして、独自のこだわりを貫き、芸術的な日本茶の味わいを創り出す茶農家のみなさんです。私たちは、この方々を日本茶のアーティスト「ティーリーフクリエイター」として迎えました。

そして、茶葉という作品を提供する「ティーリーフクリエイター」たちの生産活動を支援する「購入型ファンディング」として、コインを発行する事といたしました。

これにより、事前にボトリングティーに必要な茶葉量が確定出来、先に「ティーリーフクリエイター」たちへ生産活動費が渡ることで、収益構造の変革と、日本茶という伝統文化を未来へと繋ぐ道しるべとしてまいります

出荷量の事前確定による、在庫保管量や出荷運搬費用など様々な要因が低減されるため、コインの設定を100コインあたり80円と致しました。1コイン1円としてご利用時いただけますので、実質20%OFFとなります。コインの販売は上限に達しましたら終了となります。有効期限を過ぎてしまうとご利用いただけなくなりますので、ご注意ください。

農薬や化学肥料不使用栽培で「ティーリーフクリエイター」たちが生み出した“稀代の美味しさ”を、ボトリングティーオーナーの気分で、ご堪能ください。

loading