ジャパニーズティー・レーベル公式note配信中

日本茶はアートだ。 日本茶の文化を、未来へ、世界へ。

Japanese Tea LABEL is BASARA.
Break the mold with diamond-like hardness.
That's BASARA.
Play with Japanese tea

About わたしたちについて

日本茶D2Cブランドの
ジャパニーズティー・レーベル
「Japanese Tea LABEL」

ジャパニーズティー・レーベル(Japanese Tea LABEL)は、 日本茶の文化と伝統を国内外に広めるD2Cブランドです。農薬不使用栽培・化学肥料不使用栽培にこだわり、日本茶を作品として扱い、まるで音楽レーベルのように日本茶をプロデュースしていきます。

Feature 3つの特徴

  • 01

    日本茶はアートだ。

    Japanese tea is art
    アートとは、ひとの心をほっとさせたり、心を豊かにしたり、うれしい時間を与えてくれるもの。 〈Japanese Tea LABEL〉は、日本茶がまさに、日本や世界のひとに貴重な癒やしや刺激を与えてくれるアートだと考え、その文化や伝統を大きく広めていくレーベルを目指します。
  • 02

    日本茶の文化を守っていきたい、という想いから

    From the desire to protect the Japanese tea culture
    古く中国から伝わり、日本で固有の文化と共に親しまれてきた「日本茶」。 その「日本茶」の文化やそれを支える営みが、実は、近年窮地に立たされています。ペットボトルのお茶の販売量は増えていますが、昔ながらの淹れ方で味わう茶葉を生産する茶農家は、収益減や後継者不足などで廃業の危機に面しているところが少なくありません。 奈良・平安の時代から1200年近くに渡って日本人と共にあり、人々の暮らしや心のあり方にさえ寄り添ってきたこの日本茶の文化を、ずっと未来まで守り継ぎたい。そうした願いから、私たちはレーベルを立ち上げました。
  • 03

    日本茶はアートであり、それを表現するアーティストがいる、という考え

    The idea that Japanese tea is art and there are artists who express it
    日本茶はひとの心を豊かにするものですし、暮らしの中の美しさにもつながっている。その存在はすでに「アート」である、というのが私たちのコンセプトです。 アートですから「アーティスト」もいます。茶葉を育てる農家も、葉を選んでブレンドする茶師の人もアーティスト。お茶の器を作る人やお茶の新しい楽しみ方を提案する人も、みんな「日本茶アーティスト」です。 そうしたアーティストの人たちと一緒になって、日本茶の文化や伝統をもっともっと広めたい。日本中にその恩恵を広げ、世界にも魅力を発信し、日本の茶農家の収益構造の変革さえも起こしていきたい。そんな想いを胸に抱いて、社会を動かしていこうと考えている。それが私たち Japanese Tea LABELです。 

Recomend レコメンド

Recomend

Japanese Tea LABEL 2020 家康に捧ぐ蔵出しかぶせ茶
【有機JAS認定 無農薬オーガニック茶葉使用】【限定数量400本】

ティーリーフクリエイター 鈴木克也
・作品名:家康に捧ぐ蔵出しかぶせ茶
・産地:愛知県新城 「鈴木製茶」
・茶葉:やまとみどり
・製法:棚掛け被覆栽培 + 低温貯蔵熟成
・水色:黄金色
・香り:覆い香(青海苔)
奥三河の、標高500mの山間地で茶園を営むティーリーフクリエイター鈴木克也(すずき・かつや)が完成させた日本茶。 これは、かつて徳川家康も愛したという「蔵出し茶」。 (新茶を一度低温貯蔵し、熟成させて深い味わいを生み出すもの。家康は井川・大日峠の山中に茶蔵を設けて夏から秋まで熟成させたとの故事あり) 角がとれて、深さが増した香りと味わいをお楽しみください。
Recomend

Japanese Tea LABEL 2020 樹齢100年の茶葉の夢
【有機JAS認定 無農薬オーガニック茶葉使用】【限定数量1000本】

ティーリーフクリエイター 宮﨑亮
・作品名:樹齢100年の茶葉の夢
・産地:宮崎県五ヶ瀬 「宮﨑茶房」
・茶葉:樹齢100年在来種
・製法:青柳製釜炒り
・水色:黄金色
・香り:はちみつ・キャラメル
農林水産祭式典で『天皇杯』を受賞したティーリーフクリエイター宮﨑亮(みやざき・あきら)の手による日本茶。 使われる茶葉は、日本神話で天孫降臨の地として記される宮崎県高千穂の奥に広がる標高600mの高地で受け継がれてきた「樹齢100年の在来種」のもの。 人為的に交配された通常の茶(品種茶)とは明らかに異なる、神の恵みともいえる “幻のお茶”です。
Recomend

Japanese Tea LABEL 2020 うれしの蒸製玉緑茶
【農薬・化学肥料不使用栽培茶葉使用】【限定数量150本】

ティーリーフクリエイター 太田裕介
・作品名:うれしの蒸製玉緑茶
・産地:佐賀県嬉野 「太田重喜製茶工場」
・茶葉:樹齢50年やぶきた
・製法:蒸製玉緑茶
・水色:黄金色
・香り:藺草・バニラ
昔から良質の茶葉が育つことで知られる佐賀県嬉野(うれしの)の地でティーリーフクリエイター太田裕介(おおた・ゆうすけ)が作り出す日本茶。 樹齢50年以上の木に育つ茶葉は、釜で炒るのではなく蒸して仕上げられ、上品な甘みとコクを備えています。 現在の多くの嬉野茶農家の製品とは異なる「昔ながらの正統的な味わい」に仕上がっている、と評判の逸品です。

Newsニュース